doga.png

下田公園/あじさい祭り

6月上旬下田にも梅雨入りが宣言されました。
梅雨の代表する花々は「あじさい」ですね!ここ伊豆下田公園は「あじさい祭り」が開催中です。
伊豆半島 下田市の「下田公園」は、下田港を一望できる小高い丘の上にある自然公園です。春は桜・ツツジ、初夏~夏は藤・あじさい、秋は紅葉、冬は椿と、四季の風景がとても美しく一年を通して多くの人々が訪れます。特に、公園内全域に咲き乱れる初夏のあじさいは有名で「下田公園 あじさい祭」が開催されます。祭開催中は週末を中心に、下田太鼓の実演など様々なイベントが開催され、賑わいを見せます。特産品を扱う露店も数多く出店するので、こちらもお楽しみです♪
下田公園 あじさい祭開催中のアクセスについて少しお話いたします。
交通機関をご利用の場合は普段と変わらず、伊豆急行下田駅より徒歩約20分、または下田海中水族館行きのバスに乗って下田城山公園下車です。
お車をご利用の場合は、少し注意が必要です。
下田公園専用駐車場が使用不可能になり、代わりに「あじさい祭 専用駐車場」が期間限定で登場します(有料/駐車台数は約100台)。
駐車場からは徒歩で下田公園に向かうコースの他に、渡し舟を利用することができます。乗船時間は短いですが、旅の思い出に渡し舟に乗ってみてはいかがでしょう?
下田公園は、かつて「下田城(別名:鵜島城)」があった場所で、その地形は比高60mほどの山稜となっています。その敷地のほぼ全域があじさいの群生地となっているため、山の斜面をも埋め尽くす、写真のような圧巻の風景をつくり出しています。
また、公園内は散策路が整備されていますが、アップダウンが続きますので、靴は動きやすい運動靴がオススメです。
下田城について、簡単にお話をしましょう。
戦国時代末期の小田原北条氏が水軍の拠点とした海城で、1590年に豊臣秀吉側の水軍一万余りの軍勢に城を囲まれた時、僅か600名の兵力で約50日に渡り籠城。後に開城勧告を受け入れ開城します。江戸時代以降は、幕府の直轄領として下田町奉行が支配し、廃城となりました。
下田城があった下田公園は、かつて大きな歴史の舞台となった場所なのです。