doga.png

河津桜まつり

昭和30年頃の2月のある日、この家の主であった飯田勝美氏が、河津川沿い(豊泉橋上流の田中地区側)の冬枯れの雑草ので芽吹いていた約1メートル位育った桜の若木を偶然見つけて庭先に植えた事が始まりでした 
約十年後の昭和41年1月下旬、やっと花が咲き始めました。同年4月、主の勝美氏は花が咲くのを見届け永眠しました。後にきれいに咲く桜を見て譲ってほしいという話もありましたが、思い出の桜の為手放さなかったそうです。当時、この家の屋号からこの桜は「小峰桜」と呼ばれ、親しまれていました。その後の調査で新種の桜とわかり昭和49年に河津で生まれた桜であることから「河津桜」と命名され、昭和50年4月河津町の木に指定されました。