imgres.png

マイケル・ライトマン
真正なカバラの教えを世界中に提供しているブネイ・バルーフ カバラ教育研究所の創設者及び所長。存在論の教授。哲学及びカバラ博士号取得者。メディカル・バイオ・サイバネティックス修士号取得者。三人の子供の父親そして三人の孫の祖父。

「マイケル・ライトマン博士のブログコーナー掲載にあたって」

マイケル・ライト博士のブログを掲載するに至った経緯について、「宇宙の真実」というコーナーを掲載しておりますが、この内容を読み解くが第一段階です。この宇宙の真実の内容が真相であるとすると、宇宙の誕生には創造主とい大聖霊(エーテル体)が存在し、創造主はその巨大な力(フォース)をもって地球を誕生させた語っており、それが真実であれば、旧約聖書「創世記」に記述と同様となります。そして人類誕生は今から約135万年前に地球大変動が治まった頃に、ケンタウルス座のバカラティ−ニ星から移住して来た知的生命体(黄色人種と黒人種)が地球に降り立ったと語られております。これが人類の誕生の歴史だそうです。この地球に移住して来た知的生命体は、現代の科学技術力より数十倍も発達しており、移住に使用される巨大な宇宙船を所有し、水素モーターの利用で地上空間を行き来きしていた。ただし、技術力は高かったが、精神性では他の惑星より低かったとされます。「宇宙の法則」というものが存在しており、9つカテゴリーという存在があり、宇宙に存在する知的生命体はこのカテゴリーを認識しており、知的生命体は次のカテゴリーに進むためアストラル体の精神を向上させるに生命が存在する知識を持っているそうですが、地球人類はその知識も知らず物質欲のため、自らの地球を滅亡に導いている。地球は「悲しみに満ちた星」と呼ばれ、宇宙カテゴリーの地番低い第9カテゴリーの惑星だということです。しかし、聖書に記延されている「神の選民」といわれる古代フェブイの民(古代ユダヤ)は何故、神が特別に選んだ民?
これは、地球に移住して来たバカラティーニ星のカテゴリーより数段高いカテゴリーに住んでいるフェブラ星から惑星探査に来たフェブライの知的生命体で、同レベルの惑星の移住先を見つけるために飛行していましたが、故障のため一時的に地球へ着陸したのですが、運悪くその飛行船は修理不可能となり、やむ得なく地球に住むこととなったそうですが、宇宙の法則では、移住する時は、自らの惑星と同カテゴリーの惑星に移住しなくてはならないという原則があるそうです。
故にこのフェブライ星の住人(男2人女3人)は宇宙船の修理中爆発が起こり、男性1名、女性1名は爆発に巻き込まれ死亡してしまいました。
そして残りの男性1名、女性2名がこの地球で生存しなければならなくなります。
これが聖書に記述されている「アダムとイヴィ」で、真実はこのフェブラ星からきた人々がアダムとイブのモデルだそうです。
そして、このフォブラ星からきた人達は、バカラテー二星からきた人々とは交配せずに、フェブラ星から降り立ったフェブライ人(古代ユダヤ人)は同じ血族のみで子孫を生み出し、現在でも続いております。
これを観察していた第一カテゴリーの知的生命体は、このフェブライ人達を地球上で助ける事を特別指導者達は「この フェブライ人たちを「神の選民」と選んだということです。
ここからが、わたくしに疑問をもった内容ですが、宇宙の法則、自然の法則、アストラル体、創造主などまった知識もなく、地球以外の知的生命体は宇宙の法則、自然の法則などは知っているのに地球人類の知識はそんなに低いものなにかが不思議に思えました。
ただし、宇宙の真相にでてくるカテゴリートップに存在する知的生命体が言っていることには、この法則については一部の人間は知っていると言っており、この一部の人とは?を捜しました。
このカテゴリートップにる知的生命体も言っているように、地球上のいわゆる宗教はその指導者達の物質欲のためにただ誘導と洗脳しているだけでまったく嘘であるので、信じてはならないとも語っています。
これらのことから、現在の地球上で色々な宗教は日本において色々ありますが、宗教ではない宇宙の真実を明かすための理論とは何か?
行き着いてのは「カバラ」というユダヤ人達が崇拝しているのはタルモードといういわゆる旧約聖書を基本とする宗教ですが、このカバラはユダヤの数人の賢者のみが伝承されてきたもので、ずっと公開されず秘密裏に隠されており、神秘主義とも言われてきましたが、ここにきて一般公開するようになってきました。
このカバラを指導する人々は「カバリスト」と呼ばれ、人間の本質を解き明かすことを目的としており、このカバラにおいて、宇宙の法則や自然の法則を説いており、非常に難解でありますが、人間が誕生し、生きている目的は
ということを解き明かしてくてる書であると思います。
そしてカバリスト達が一定の水準まで達すると「ゾーハルの書」というものがあり、さらに上層へすすむステップがあるそうです。
とても私には届きそうにはありませんが、自分自身の啓発のために解き明かしたいと望んでいます。
このマイケル・ライトマン博士のブログには、現代の中で、何が真実で、どう生きたらいいのかとか、非常に間がさせられる点が多く、何回かにわけて公開していきます。

次へ