imgres.png

マイケル・ライトマン
真正なカバラの教えを世界中に提供しているブネイ・バルーフ カバラ教育研究所の創設者及び所長。存在論の教授。哲学及びカバラ博士号取得者。メディカル・バイオ・サイバネティックス修士号取得者。三人の子供の父親そして三人の孫の祖父。

「人生の意味」

人生のゴールへの理解

質問:今日、私たちは無意識的に存在すると言う科学者がいます。
スピリチュアルと物質的な世界の違いは意識的、無意識的に存在することにあると言えますか?

答え:私たちは完全に無意識な仕方で自動的に存在し、自分たちが誰であるかまったく知りません。
私たちは何であり、なぜ生きているの分かりません。
私たちの体のすべての臓器と細胞、私たちをとりまく全てが私たちを刺激し、私たちは生きる瞬間を感じます。
ですから、私たちには何かを変える機会が少しもありません。
自由意志は全くないのです。
全てはあらかじめ決められていて、私たちの発達におけるある時点で、自分たちの存在の実状に失望し、その無価値さ、無意味さ、そして空虚感を悟り、人生の意味を見つけることを切望し始めるように、私たちは様々な状況で“操作”されているのです。
私たちの世界の意味は、次のスピリチュアルな次元へ向けてそれを超えて意識的に上昇することを、私たちに可能にするということなのです。

質問:意識的にとはどういう意味ですか? 様々な欲求が絶えずあがってきて、私はその欲求を喜びで満たすために走り回っています。
スピリチュアリティにおけるこれらの欲求を、自分自身で作らなければならないのでしょうか?

答え:ある時点で、人は欲求の満たしを追い求めることに疲れてきて、もはやそれらの欲求に感情移入することがなくなります。
彼はこれらが彼の欲求の意図であり、絶えず欲求を満たさなければならないのだと悟ります。
人はその中に喜びを感じますが、もはやそれにコントロールされたくないと思います。
彼は自立し、これらの喜びの感覚にふけたくないと思うようになります。
そして人は考え始めます。
「どうしたらこの生き方より崇高なものへ向上することができるのか。
なぜ私は絶えず様々な喜びを追い求めなければならないのか。
なぜ私はいつもこれらの喜びに身を売るのか。
私の人生はこれで十分なのか。これは私を満足させるのか。
私はこれらすべてが何のために必要かどうか考えるべきか。
これらは刻々と変わるつかの間の喜びで、結局のところ私の全人生は喜びと最小限の痛みを追い求めることを余儀なくさせる」と。

質問:スピリチュアルな世界では、何がその代わりになりますか?

答え:スピリチュアリティにおいて、人は自分が存在していることの意味を獲得し始め、この獲得でその人は、上層世界の存在における説明がつかない感覚、言語に絶する感覚、そして調和への到達、真実、真のゴールなど、つまり物質世界には存在しない全てのもので満たされます。
もし人が私たちの世界に不快を感じるなら、
彼は今すぐそれをよい気分に変えなければなりません。
そして、そのようにして何度も繰り返し、これが彼の人生のゴールになるのです。
スピリチュアルな世界において、起こること全ての意味と自分を超えることに到達した人は、完全なる調和の感覚と彼の中の平静と永遠性を生み出します。

クリエイター