d.png

eiran.png

エイリアンインタビュー第七章

「古代史のレッスン」

アメリカ合衆国陸軍航空隊公式記録文書
ロズウエル陸軍飛行場、第509爆撃隊
件名:エイリアン・インタビュー、1947年7月25日。

第一セッション

あなたが歴史という題目を理解するには、まず時間という題目を理解しなければならない。
時間とは
単に、空間をを通り抜ける物体の運動を任意に計測しているにすぎない。

空間とは直線的ではない。
空間とはある物体を見ているIS-BEと見られている物体の間の距離が「空間」と呼ばれる。
空間の中の物体、またはエネルギーの塊は、必ずしも直線的な形で動くわけではない。
この宇宙では物体は不規則に、または曲線か周期的なパターン、または同意された法則に基づいて動く傾向がある。

歴史とは、地球の歴史書の著者たちがほのめかしているような直線的な出来事の記録だけではない。
なぜなら、それは計測器具のように引き延ばして印をつけられるような糸ではない。
歴史とは空間を通り抜ける物体の動きを主観的に観察し、敗れた者たちではなく、生存した者の視点から記録されるものである。
出来事とは相互作用し同時に起きるものである。
生物的な体には血をポンプする心臓があり、同時に肺が細胞に酸素を供給し、細胞が太陽からエネルギーと植物からの化学物質を使って再生し、同時に肝臓が血から有害なゴミを濾過し、膀胱と腸を通してそれらを排除するのと同じように。

これらの相互作用の全ては同時に起き、同時に存在する。
時間とは連続的に流れるものだが、出来事とは独立した直線が流れる中で起きていない。
過去の歴史、または現実を見て、理解するためには、すべての出来事を一つの相互作用する全体性として見なければならない。
時間とは振動して感じることができ、それは物質的な宇宙のいたる所で一定である。

エアルは、IS-BEたちには宇宙の始まる前からいたのだということを説明しました。
彼らが「不死」と呼ばれる理由は、「スピリット」は生まれたわけではなく、死ぬことも出来ないからであり、その代わり自分で設定した「在るーこれになる」という感覚に基づいて存在しているからです。
彼女はすべてのスピリットは同じではないかという入念に説明しました。
一人ひとりがその独自性、力、認識と能力において完全に独自です。

エアルのようなIS-BEと地球で肉体の中に住んでいるほとんどのIS-BEとの違いは、エアルは自分の「人形」に糸的に入ったり、出たりすることが出来るということです。
彼女は物質を自分で選んだ深さで透視することができます。
えあるとドメインの他の士官たちは、テレパシーを通してコミュニケーションを取ることが出来ます。
IS-BEは物質的な宇宙の存在ではないため、時空の中である位置を占有してはいません。
IS-BEは言葉通り「非物質」です。
彼らは膨大な距離の空間を一瞬にして渡ることができます。

彼らは物質的な知覚装置を使わずに生物的な体より感覚を体験することができます。
IS-BEは、自分の知覚から痛みを除外することができます。
エアルはまた、自分のいわゆる「事故認識」を朧気(おぼろげ)なはるか昔、何兆年も前まで遡って思い出すことができます。

彼女は、宇宙のこのごく周辺に存在している太陽の集まりは、過去200兆年間燃えていたきたと言っています。
物質的な宇宙の年齢はほぼ無限い古いけれども、その最古の始まりからおそらく最低でも4千兆年経っています。

時間とは計測するのが難しい要素である。
なぜならそれはIS-BEの主観的な記憶に頼る、または物質的な宇宙が始まってからその中の全ててで起きた出来事の統一された記録はないからである。
地球と同じように多くの異なる時間の測定システムが存在し、それらを様々な文化によって定義され、周期的な動きと起源となる点を使って年齢の存続期間を立証している。

物質的な宇宙そのものは、多くの他の独自の宇宙の集合と融合によって形成されている。
これら一つひとつの宇宙は、ある幻想の宇宙の衝突が混同し、合体し、凝固し、皆が相互に同意して創造することはできないと同意されているため、この創造的なプロセスが続くことによって、物質的にはほとんど無限の大きさを持った永遠に拡大する宇宙を形成した。

物質的な宇宙が形成される前は、様々な宇宙は個体ではなく完全に幻想だった膨大な時期があった。
宇宙は魔法使いの意志に従って現れたり消えたりする魔法の幻の宇宙だったと言うこともできる。
あらゆる場合、この「魔法使い」は一人、または複数の数のIS-BEだった。
地球のIS-BEの多くは、未だその時期のぼんやりとイメージを思い出すことが出来る。
魔法、妖術、魔力、おとぎ話と神話が、とても大雑把な言葉使いではあるが、これらのことを物語っている。

一人のIS-BEが物質的な宇宙に入ったのは、彼らが自分の「故郷」である宇宙を失った時である。
つまり、あるIS-BEの「故郷」である宇宙が物質的な宇宙に飲み込まれた時、またはそのIS-BEが他のIS-BEと一緒に物質的な宇宙を創造するか、征服しようとした時である。

地球では、あるIS-BEがいつ物質的な宇宙人が入ったかをつき止めることが難しいのに二つの理由がある。
1)地球のIS-BEたちの記憶は消去されている。
2)IS-BEの物質的な宇宙への到着、または侵略は異なる時間に起きたものである。60兆年前の者もいれば、たった3兆年前の者たちもいる。
時々数百年前に一度という短い期間の中である領域、または惑星がその領域に入ってきた別のグループのIS-BEたちに占領されたことがある。

時々、彼らは他のIS-BEたちを奴隷として捕らえる。彼らは単調な、または手作業の仕事ー特に地球のような重い重力の惑星で鉱石を掘ることをーをするために肉体の中に住むことを強要される。

エアルは、彼女が時折地球を訪問することも含まれていた生物学的調査団のパイロットになった時から6億2500万年以上の間、ドメインの遠征軍の一員であると言いました。
彼女はそこでのキャリアの全てを思い出すことができ、それ以前のはるか昔の時間が思い出すことが出来ます。

彼女は、地球の科学者たちは、物質の年齢を図るために正確な測定システムを持っていないと言いました。
彼らは有機的または炭素基の物質のような特定の原料はとても速く劣化するため、物質は劣化するものだと決めつけている。
木や骨の年齢の測定に基いて石の年齢を測定するのは正確ではない。
これは根本的な過ちである。
事実上物質は劣化しない。
それは破壊することはできない。
物質は形は変えることができるが、それは本当の意味で破壊されることはない。

ドメインは約80兆年前に宇宙を旅するテクノロジーを開発してから、宇宙のこの領域にある銀河群を定期的に調査してきた。
地球の概観の変化に関する検査は、山脈帯が上昇しては下がり、大陸は位置を変え、惑星の極はシフトし、氷冠は現れては消え、海は現れて消え、川、谷と渓谷は変わるということを明らかにしている。
全ての場合、物質そのものは同じである。
それは常に同じ砂である。
全ての形と物質は基本的に同じ原料で作られており、それは決して劣化しない。

小惑星惑星帯は、火星と木星の間にかつて存在していた惑星が分裂した何千もの残骸によって構成されています。
それは外から私たちの銀河系の中心に向かって移動している宇宙船にとって、優れた低重力の出発点として機能しています。

彼女はこの士官に、ドメインの「ファイル」に保存されている情報から地球の歴史に関するものを調べるように要請しました。
彼女はこの通信士官にこの情報をエアルに「フィード(入力)」するように要求しました。
通信士はすぐに要請に応じました。
ドメインのファイルに保存されている情報にもとづいて、エアルは私に短い概観、または「歴史のレッスン」を与えることができました。
これがドメインが観察した地球の歴史についてエアルが私に教えたことです。

ドメインの遠征軍が天の川銀河系に最初に入ったのは、とても最近わずか1万年前くらいのことだと彼女は教えてくれました。
彼らの最初の行動は「オールドエンパイア(旧帝国)(これは正式な名前ではなく<ドメイン勢力が征服した文明につけたニックネームです)の本拠地である。
この銀河系と隣接する宇宙空間の中央政府の所在地であった惑星を征服することでした。
これらの惑星は北斗七星の尻尾にある複数の星系の中に位置しています。
彼女はこれらの星の厳密な名前は述べませんでした。

それから1500年後、ドメインはこの銀河系の中心とさらにその先に通じる侵略経路に自分たちの勢力のための基地を設置し始めました。
約8200年前みドメインの勢力は地球で現在のパキスタンとアフガニスタンの国境近くにあるヒマラヤ山脈に基地を建設しました。
この基地はドメイン遠征軍の一個大隊のためのもので、それには約3000の構成員が含まれていました。

彼らは山の頂上の下、というよりはその内側に基地を建設しました。
その部隊の宇宙船と隊員を収納できる十分に大きな区域を作るために山の頂上に穴が開けられ、中身は空洞にされました。
それから、山の内側から「フォース・スクリーン(エネルギーでできた画面)に偽りの画像を投影することによって、基地を隠すための山の頂上の電気的な幻影が作り出されました。
それによって宇宙船はフォース・スリーンをとおって出入りすることはできるけれども、ホモ・サピエンスには見られないままであることができました。

彼らがそこに落ち着いた直後、基地は「旧帝国」軍の残党により奇襲攻撃を受けました。
ドメインに知られない形で「旧帝国」によって運営された火星の秘密基地がとても長い間存在していたのでした。
ドメインの基地は火星の基地から軍事攻撃により全滅させられ、ドメイン遠征軍のIS-BEたちは因われてしまいました。

ドメインがこのように大きな部隊の士官と乗組員を失ったことに対して、とても動揺したのは想像できると思います。
そのためドメインは、彼ら探すため地球に他のチームを送り込みました。
これらのチームもまた攻撃されました。
囚われたドメイン軍のIS-BEたちは地球に送られてきた他の全てのIS-BEと同じ方法で処理されました。
彼らは全員記憶喪失され、自己の記憶の代わりに偽りの映像と催眠暗示を与えられ、生物的な体の中に居住するように地球に送られました。
彼らは未だに今日の人類の人口の一部です。

失われたクルーに関するとても粘り強い、または広範囲に及ぶ調査の結果、ドメインは「旧帝国」が非常に広範囲に及んだ、とても慎重に隠された作戦基地を銀河系のこの一帯で何百年も運営して来たことを発見しました。
正確にどれだけ長くは誰もしりません。
最終的に「旧帝国」軍とドメインの宇宙船は太陽系の宇宙空間で交戦しました。

エアルによると「旧帝国」軍とドメインの間で長期戦が西暦1235年まで続き、この時ドメイン軍はついにこの領域の「旧帝国」軍の最後の宇宙船を破壊しました。
この帰還に、ドメイン遠征軍もまた自軍の船をたくさん失いました。

約1000年後、西暦1914年の春に偶然に「旧帝国」の基地が発見された。
オーストリアの大公の肉体がドメイン遠征軍の士官によって「乗っ取られた」時期にそれは発見された。
この士官は小惑星帯に駐留しており、定期的な偵察任務のために地球に送られたのだった。

この「乗っ取り」の目的は、この肉体を「変装」として使い、それを通して人間社会に潜入し、地球で現在起きている出来事についての情報を収集するためであった。
その士官はUS-BEとして大公の肉体の中に住んでいた存在よりも大きな力を持っていたため、単純にその存在を「押し」出してその肉体のコントロールを乗っ取りったのだった。

「参考資料」
ウアプスブルグ家とは.....


しかしこの士官が、パプスブルグ家が国の中で抗争していた各派閥によってどれだけ憎まれていたか気づいていなかった。
そのため彼はボスニアの学生によって大公の肉体が暗殺された時、油断していた。
その士官は、またはIS-BEは肉体が突然暗殺者によって銃撃された時、そこから「叩き出された」。
そのIS-BEのひとつを突き抜けてしまい、捕らえられた。

最終的にドメインは、地球を含む銀河系のこの端っこの中にいる全てのIS-BEたちをコントロールしている「電子バリア」によって宇宙の広範囲が監視されているということを感知し、彼らがこの領域から去るのを防ぐように設計されている。

もしIS-BEがこのバリアを通り抜けようとすると、一種の「電子の網」にそもIS-BEを「捕まえる」。
その結果、捕らえられたIS-BEはIS-BEの記憶を消去する激しい「洗脳」治療を施される。
このプロセスは途方もない「電気ショック療法」を使って「患者」のパーソナリティと記憶を消去し、彼らより「協調制のある人」変えるのと同じように。

地球では「この治療」数百ボルトにの電気しか使わない。
しかしIS-BEに対して使われる「旧帝国」もオペレーションで使われる電流は数十億ボルトの規模である。
このとてつもないショックはIS-BEの記憶の全てを完全に消去する。
その記憶消去はたった一つの転生、または一つの肉体のものだけではない。
それはほとんど無限に近い過去から蓄積された記憶された記憶の全てとIS-BEのアイデンティティーの全てを消去する。

そのショックは、IS-BEが自分が誰であるか、どこから来たのか、自分の知識や技術、過去の記憶とスピリチュアルな存在として機能する能力を思い出すのが不可能になるように意図されている。
頭をつかわないようロボットのような自主性のない存在になる。

ショック後、一連の後催眠術暗示を使うことによって、一人ひとりのIS-BEに偽の記憶と偽りの記憶と偽りの時間(に対する見当識)組み込まれる。
これには肉体が死んだ後、同じようなショックと催眠術が、繰り返し、繰り返し、永遠に続けることが出来るようにするために、基地に「帰還」する命令も含まれている。
その催眠暗示はまたは、その「患者」に思い出すことを忘れるように命じる。

この士官の体験からドメインが学んだのは、「旧帝国」が地球をとても長い間、どれだけながいかは知られていまい、もしかしたら数百万年牢獄惑星として使っていたということである。

つまりIS-BEの肉体が死ぬとき、彼らは肉体から去る。
彼らは「バリイア」によって感知され、捕われ、催眠術で「光に戻る」ように「命令」される。
「天国」と「あの世」という概念は催眠暗示の一部である。
このメカニズムの全てを機能させている欺瞞の一部である。

たった今生きた人生の記憶を消すためにIS-BEがショックを与えられ、催眠術を架けられた後、IS-BEはすぐに催眠状態の中で、まるで彼らが新しい肉体の中に居住するという秘密の使命を持っているかのように地球に「帰って報告する」ように「命令」される。
一人ひとりIS-BEは彼らが地球にいるのは特別な目的があるからだと教えられる。
しかし、もちろん牢獄の中にいることに目的などない、少なくても囚人にはいない。

地球送りを宣言され、望ましくないIS-BEは「旧帝国」によって「アンタチャブル(カースト制の最下層民)に分類された。
これには「旧帝国」が改心させられたり、抑制したりするにはあまりにも凶暴な犯罪者、それから性的な変質者や生産性のある仕事をやる気がない存在たちのよな他の犯罪者と判断したあらゆる者が含まれていた。

「アンタッチャブル」なIS-BEな分類にはまた、多種多様の「政治犯」も含まれている。
この非順応な「自由な発想」を持った者たち、もたは「旧帝国」の中の様々な惑星で政府に対して問題を起こす「革命家たち」と見なされたIS-BEも含まれている。
もちろん「旧帝国」に対して過去に軍事行動を起こした記録のある者もまた全員地球に送られる。

「アンチャッブル」のリストには、芸術家、画家、歌手、音楽家、作家、役者とあらゆる種類の上演者たちが含まれている。
この理由のために地球一人当たりのの芸術家の割合は「旧帝国」の中の他のどの惑星よりも多い。

「アンチャッブル」にはまた、インテリ、発明家とほとんどあらゆる分野の天才たちが含まれている。
「旧帝国」が価値があると見なしているものははるか昔、過去数兆年の中でもう既に発明されたり、創造されたりしているため、彼らにはもはやそのようなこれ以上使い道がない、これにはまた、従順なロボットのような市民で
構成された社会では必要とされていない腕の立つマネジャーも含まれている。

「旧帝国」の階級制度の中で、税金を払う労働者として頭を使わない、経済的、政治的、または宗教的な奴隷状態に服従する気がない、またはそうすることができない者は誰であれ「アンタッチャブル」であり、記憶消去と地球での永遠に続く禁固刑の判決を下される。

その最終結果として、IS-BEは自分が誰であるか、どこから来たのか、自分がどこにいるのか思い出すことができないため、脱出することができない。
彼らは自分が、本当の自分以外の誰かまたは何かであり、ある時代にどこかにいると考えるように催眠術をかけられる。

オーストリアの大公の肉体の中に居たときに「暗殺」されたドメインの士官もまた「旧帝国」軍によって捕らえられた。
この特定の士官は他のほとんどのIS-BEと比べてもとてもパワーの高いIS-BEであったために、火星の表面の下にある「旧帝国」基地に連れ去られた。
彼らに、彼を特別な電子独房に入れて、そこに捕らえていた。

幸いにもこのドメインの士官は、27年間の監禁の後、その地下基地から脱出することができた。
彼は「旧帝国」の基地から脱出したとき、すぐに小惑星帯にある彼の基地に戻った。
彼の司令官は、この士官が提供した基地の座表へ宇宙巡洋戦艦を派遣し、その基地を完全に破壊するように命令した。
この「旧帝国」基地は火星の赤道さら数百マイル北にあるシドニア地域に位置していた。

「旧帝国」の軍事基地は破壊されたが、残念なことにIS-BEバリア、電気ショック/記憶喪失/催眠術装置を構築している膨大な機械のほとんどは、今現在でも未だ発見されていな他の場所で機能し続けている。
この「マインドコントロール刑務所」オペレーションの主要基地、または司令部の基地の影響力はまだ効力がある。

「旧帝国」の宇宙群が破壊されてから、他の惑星系が自分たちの「アンタッチャブル」のIS-BEをこの銀河系のあらゆる場所、または近くの他の銀河からこの地球に連れてくるのを活発に阻止するものが誰も残っていないということをドメインは観察してきた。
そのため地球は、宇宙のこの領域の全てにとっての宇宙的なゴミ捨て場となった。

これは部分的に、この地球のIS-BEの住民たちの種族、文化、言語、道徳率、宗教的と政治的影響力のとても異常なごっちゃまぜ状態を説明する。
地球にある異種の文化の数と種類は、普通の惑星では極めて異常であり「太陽タイプ12、クラス7」の惑星のほとんどには、もしヒューマノイドの肉体タイプまたは種族がそこに居住していたとしても、たった一種類が居住している。

さらに、地球の古代文明のほとんどが、または地球での出来事の多くが「旧帝国」基地の秘密の催眠術オッペレーションにとても大きく影響されてきた。
これまで、このオペレーションがどこで、どのように影響されてきた。
これまでこのオペレーションがどこで、どのように、または誰によって運営されているのを正確に解明した者はいない。
なざならそれは、バリアやトラップによってとても堅く守られているからである。

さらに、銀河系のこの端で、 IS-BEバリアを作り上げている広大な古代からある電子機器のネットワークを発見し、破壊する作戦行動は行われていない。
これが行われるまで我々は「旧帝国」の牢獄惑星における電気ショック・オペレーション、催眠術と遠隔の思考操作を防いだり止めたりすることは出来ない。

もちろんドメイン遠征軍の乗組員は皆、今や「旧帝国」のトラップに感知され、捕まることを防ぐために、この太陽系の中で行動している間は常にこの現象を意識し続けている。

左.png右.png

imgres.jpg世界経済の真実を解き明かす映画です。

エイリアンインタビュー.png
捕獲された地球外生命体が語る
地球の真実の歴史

kyodai.png