d.png

eiran.png

エイリアンインタビュー第八章

「近代史のレッスン」

アメリカ合衆国陸軍航空隊公式記録文書
ロズウエル陸軍飛行場、第509爆撃隊
件名:エイリアン・インタビュー、1947年7月25日。

このインタビューは、地球で書かれた教科書の中では決して読むことのない歴史の授業を私に教えました。
出来事に対するドメインの視点は私たちとだいぶ違います。

(マチルダ・オードネル・マックエルロイの個人記録)

第一セッション

ドメイン遠征軍は、この太陽系の中から「旧帝国」の宇宙艦隊の残存勢力が破壊された西暦1150年から西洋社会の科学と文化の復活を観察してきた。
による催眠術オペレーションの影響力はその時代のあと少し軽減したが、未だにその殆どは効力が残っている。

「旧帝国」の遠隔マインドコントロール・オペレーションに少量の損害を与えられたようであり、それはこの装置の力に少量低下させる結果となった。
その結果、IS-BEたちが地球に来る前に、知っていたテクノロジーの記憶のいくつかが思い出され始めた。
その後、ヨーロッパの「暗黒時代」と呼ばれる知識の弾圧はその時代からは減少し始めた。

「参照」ニュートンとゲーテ


その時から物理と電気の基本法則の知識がほぼ一晩で地球の文化に革命をもたらした。
西暦1150年以前のように活発に抑圧されなくなった時、地球のIS-BEの住民の中にいる天才たちの多くがテクノロジーを思い出す能力を部分的に回復した。
アイザック・ニュートンはこれの最も良い例の一つである。
たった数十年で彼は一人で主要で根本的な科学と数字の分野のいくつかを再発見した。

これらの科学を「思い出した」男たちは、地球に送られる前からそれらを既にしっていた。
普通ではひとつの人生、または数百の人生を費やしても科学と数学についてこれだけのことを観察、または発見するもの誰もいない。
これらの学科を築くのに、いくつもの文明が何十億年も費やしたのだ。

地球のIS-BEたちは、宇宙の至る所で存在しているあらゆるテクノロジーの小さな断片を思い出し始めたばかりである。
理論上は、地球に対して使われている記憶喪失装置を完全に破壊することができれば、IS-BEたちは自分の記憶の全てを思い出すことになる。

残念なことに、人間性に関しては同じような進化は見られていない。
なぜなら地球のIS-BEたちは、お互いに対してとても酷く振る舞い続けている。
しかし、この振る舞いは、転生と転生の間に各IS-BEに与えられる「催眠暗示」にとても大きく影響されている。

そして地球の「囚人たち」のとても異常な組み合わせ、犯罪人、変質者、芸術家、革命家と天才はとても落ち着かない、騒然とした環境の原因となっている。
牢獄惑星の目的は、IS-BEを永遠に地球に閉じ込めることである。
無知、迷信とIS-BE間の戦争を促進することが囚人たちを障害者にし、電子バリアの「壁」の裏で捕らえられたままにするのに役に立つ。

IS-BEたちは、この銀河系の至るところ、隣接する銀河とシリウス、アルデバラン、オリオン、ドラコニス、等の他の「旧帝国」の中の惑星系からこの地球に捨てられてきた。
名も無き種族、文明的背景と惑星環境からIS-BEたちが地球にいる。
様々なIS-BEの住民の全ては、自分の言語、信仰体系、道徳的価値観、宗教的信仰、教育と知られていない話されていない歴史をもっている。

「参照」アンとランティスとムー大陸


これらのIS-BEたちは前からいた、40万年以上もまえに他の星系から来てアトランティスとレムーリアの文明を築いた地球の住人たちと一緒に混じっている。
これらの文明は現在の「監獄」の囚人たちが到着し始める何千年も前に、惑星の「ポールシフト」が引き起こした津波の下に消えた。
それらの星系からのIS-BEたちはオーストラリアを起源とした、地球の原始の東洋の人種の源だったようである。
それとは別に、「旧帝国」の牢獄システムによって地球に築かれた文明は、他の銀河のIS-BEたちによって核兵器で征服され植民地化された。
それ以前の文明の複合体である原子力の電子スペース・オペラである「旧帝国」そのものの文明とは大きく違ったものだった。

かっての「旧帝国」を支配していた官僚機構は、古代のスペース・オペラ文明からきたものであり、王族を名目上の君主とした残忍な社会的、経済的と政治的な階層によって管理されている全体主義の惑星政府の連盟でである。

市民が自立した自己規制のための個人的な責任を放棄した惑星では、このような政府は頻繁に出現する。
他のあらゆるIS-BEは、支配されるか滅ぼされなければならない自分たちの敵であるという圧倒的な偏執症を患したIS-BEたちによって彼らはしばしば自由を失ってしまう。
彼らが愛し、大切だと信奉している最も近い友人や協力者は、言葉通り彼らによって「死ぬほど愛されるのだ」

そのようなIS-BEたちが存在しているため、ドメインが学んだのは、自由とは勝ち取り、永続的な警戒と自衛力の行使を通して保たなければならないということである。
その結果、ドメインはもう既に「旧帝国」の統治惑星を征服した。
ドメインの文明はそれよりかなり規模が小さく、若いにもかかわらず、もう既により力を持っており、より良く組織されており、「旧帝国」の歴史で一度も知られることのなかった平等主義の団結心によって結ばれている。

つい最近崩壊したドイツの全体主義国家は「旧帝国」に似ていたが、それに比べてはるかに残酷でなく、約1万分の1の力しかなかった。
地球のIS-BEたちの多くがここにいるのは、彼らは全体主義に対し猛烈に反対しているkらである。
または彼らがあまりにも異常に凶暴であるため、「旧帝国」の政府が心配することができなかったからである。

その結果、地球の人口はそのような存在たちの割合が不均衡にとても高い構成となっている。
地球のIS-BEたちの対立する文化的、または道徳的、倫理的規範は極めて異常である。


ドメインによる「旧帝国」の中心惑星の征服は電子カノン砲で戦われた。
「旧帝国」も政府の中?を形成している惑星の市民たちは、不潔、堕落した、自分で考えない愚かな納税義務のある労働者の奴隷社会であり、共食いの習慣がある。
彼らの唯一の娯楽は、暴力的な自動車レースと血みどろなローマの闘技場のエンターテイメントである。

「旧帝国」の惑星を征服するためには核兵器を使うなどのような正当な理由があったにせよ、ドメインは原始的な放射能の力を使う武器を使用することによってそれらを惑星の資源を台無しにしてしまわないように気をつけている。

ドメインにとって代われる前の「旧帝国」の政府は、あなたたちのつい最近の世界大戦の枢軸国にとても似た、とても臆病な知性を持った存在たちによって構成されていた。
その存在たちは、彼らを地球に永遠に監禁するために追放した銀河系政府の者たちと全く同じ振る舞いを示した。
それはIS-BEは多くの場合、他人から受けた全く同じ振る舞いを顕現させる、という古き格言を身の毛もよだつ形で思い出させるものだった。
優しさは優しさを育む、残忍さは残忍さを生み出す。
人は力を持ち、それを使うのを厭わない必要があるが、無実な者に危害を加えるのを防ぐためにそれを知性で押さえなければならない。
しかし、残忍性の動機となった悪意によって圧倒されず効果的に残忍さを防ぐには、尋常ではない理由、自制と勇気が必要である。

「論理」または「科学」を使い、あらゆる問題の「最終的解決」が、すべての芸術家、天才、才能のあるマネージャーと発明家を殺し、その記憶を永遠に消し、一つの銀河系全体の政敵、殺人者、泥棒、変質者と障害を持った存在たちと一緒に牢獄惑星に放り込むことである、と考えつくのは悪魔のような独善的な政治だけである!

「旧帝国」から追放されたIS-BEが一度地球に到着すると、彼らは記憶喪失にされ、催眠術を使って自分に他の何かが起きるのだと考えるようにだまされる。
次の段階はIS-BEを地球の生物的な体に埋め込まれることであった。
それらの体には、「旧帝国」とは全く異なって見えるように設計され、IS-BEたちの頭にインストロールされた「偽の文明」の人口になったのだ。

インド、エジプト、バビロニア、ギリシャ、ローマと中世ヨーロッパIS-BEたち全員、それらの社会の文化的な要素は、宇宙の至る所で何兆年も存在してきた「太陽タイプ12クラス7」の惑星にある、以前から存在する多くの似たような文明のIS-BEたちが発達させた標準の型に従って形作り、築くように導かれたのだった。

一番始めの頃、牢獄惑星に送られたIS-BEたちはインドに住んでいた。
彼らは次第にメソポタミア、エジプト、メソアメリカ、アハイア、ギリシャ、ローマ、中世ヨーロッパと新世界へと広がっていった。
彼らは「旧帝国」の牢獄の看守達によって、ある特定の文明の型に従うように催眠暗示で「命令」された。
これは本当に時間と位置を、地球に監禁されているIS-BEたちから偽装するには効果的なメカニズムである。
一つひとつの偽文明の言語、服装と文化は、地球にいるIS-BEに彼らが強制送還された「旧帝国」の惑星のことを思い出させないため、記憶喪失を強化するように意図されている。

はるか古代の時代、この種類の文化は、それらを創造したIS-BEたちが特定に型とスタイルに慣れてしまい、それらに固執したため、自分たちを何度も何度も繰返す傾向があった。
まぜなら文化、建築様式、言語、習慣、数学、倫理感などなどが全部そろった一つの完全な文明を発明することは多大な労力を必要とする。親しみのある、成功した型に基づいて、コピーを複製する方がはるかに簡単である。

「太陽タイプ12クラス7」の惑星は、炭疽ー酸素基の生命体が居住する惑星に与えられた表記である。
惑星のクラスは星の大きさと放射能強度、その惑星の軌道が星からどれだけ離れているのか、また惑星の大きさ、密度、重力と科学成分に基づいている。
同じように動植物もそれらが居住している星のタイプと惑星のクラスに従って分類されている。

平均して、物理的な宇宙では呼吸のできる大気を持った惑星の割合は比較的小さなものだ。
ほとんどの惑星は、地球のような大気の科学成分が植物と他の有機体に栄養分を提供し、それが代わりに他の生命体を支える、生命体が「常食」できる大気は持っていない。

ドメインの勢力がヴェーダの賛美歌を8200年前にヒマラヤ地域にもたらした時、いくつかの人間の社会はもう既に存在していた。
アーリア人たちがインドを侵略し、征服し、ヴェーダの賛美歌集をその地域に持ち込んだ。

ヴェーダは彼らびよって学ばれ、記憶され、700年間口頭で継承され、その後文書化された。
その期間の間、ドメイン遠征軍の一人が「ヴィシュヌ」として転生した。
彼はリグ・ヴェーダの中で何度も記載されている。
ヒンズー教の者たちは彼を未だに神と見なしている。

彼は「旧帝国」の勢力に対する宗教戦争の中で戦った。
彼は非常に優秀で、攻撃的なIS-BEであり、とても有能な士官でもあり、その後ドメインの中で別の任務に転任された。

このエピソードの全ては「旧帝国」の行政官たちによって任命されたエジプトの神々に対する攻撃と反乱として画策された。
この戦争には人類に埋め込まれた、注意をたくさんの「神々」とそれを「管理」していた神官たちが要求した迷信的な儀式、崇拝に意識を集中させた偽の文明の要素から人類が解放されるのを援助する意図があった。
それらは全て「旧帝国」による、地球のIS-BEたちに対する自分たちの犯罪行為を隠すための精神操作の一部である。

神官という地位、または看守たちは、個人という生物的な体でしかなく不死のスピリチュアルな存在ではないという観念を強めるために役にたった。
個人にはアイデンティティーはない。
個人には過去生はない。
個人には力はない。
神々のみが力を持っている。
そして神々と神官たちの企みであり、彼らが人と、人が仕える神々との間を仲裁する。
従わないと永遠に続くスピリチュアルな罰で脅す神官たちの命令に対して人は奴隷である。

全ての囚人が記憶喪失者であり、神官たち自身が囚人である牢獄惑星で他に何を期待することが出来るのか
ドメイン勢力による地球への介入は、未だに機能し続けている「旧帝国」マインドコントロール・オペレーションのために完全に成功はしていない。

宗教的な征服を通して「旧帝国」勢力とドメインの間の戦争が行われた。
紀元前1500年とおよそ紀元前1200の間にドメイン勢力は、個人の不死のスピリチュアルな存在をという概念を地球の複数の影響力のある存在たちに教えることを試みた。

そのうちの一つの事例は、その概念のとても悲劇的な誤解、誤訳という結果をもたらした。
その概念は歪められ、皆がIS-BEであるという真実の代わりに、IS=BEは一人しかいないことを意味するというように適用された!
明らかにこれは醜い理解力の無さであり、自分自身の力に対して責任を負うことに対して完全に不本意であったということである。

「旧帝国」の神官たちは、個人の不死と言う概念を、全能なIS-BEは一人しかおらず、他の誰もIS-BEではないし、それになることも許されないという概念にうまく変造することができた。
明らかにこれは「旧帝国」の記憶喪失オペレーションの仕業である。

この改ざんされた考えを、自分の人生に対して責任を負いたくない者たちに教えるのは簡単である。
奴隷とはそのような存在である。
創造、存在と自分の思想と行動に対する個人的な説明責任に関する責任を他人にとらせる選択をする限り、その者は奴隷である。

その結果、一つの一神教的な「神」の概念がもたらされ、多くの自ら預言者と称した者たち、例えばユダヤ人の奴隷たちの指導者モーゼ、によって布教された。
モーゼはファラオ、アメンホティブ三世と彼の息子イクナーン、イクナートンの妻ネフルティティ、それからイクナートンの息子ツタンカーメンの王室の中で育った。

地球の特定の存在たちに、彼ら自身がIS-BEであるという真実を教える試みは、エジプトではアモンの神官たちとして知られている「蛇の兄弟たちと呼ばれる「旧帝国」の密教カルトによって創造された架空の隠喩的で擬人化された大勢の神々を打倒する計画の一部だった。
彼らは「旧帝国」内部でははるか古代から存在する秘密結社だった。

ファラオ・イクナトーンはあまり賢い存在ではなかった。
また自分を美化するという個人的な野心に大きく影響されていた。
彼は個人スピリチュアルな存在という概念を改ざんし、その概念を太陽神アテンに体現させた。
彼の惨めな人生はすぐに終わらせれた。
彼は「旧帝国」勢力の利益を代表していたアモン、または未だキリスト教徒たちが言う「アーメン」、の二人の神官とマヤとバレネフェルの手によって暗殺された。

「唯一神」という概念はヘブライ人の指導者モーゼにより、彼がエジプトにいた間に不朽のものにされた。
彼は、自分の人々であると選んだユダヤの奴隷たちと一緒にエジプトを去った。
彼らが砂漠を横断している時に、モーゼはシナイ山の近くで「旧帝国」の工作員に止められた。
モーゼは催眠暗示とIS-BEを補縛するために「旧帝国」が頻繁に使う技術的、感覚的幻覚の使用を通して、この工作員が「その」唯一神であると信じるように騙された。
その時から、モーゼの言葉を暗黙のうちに信頼していたユダヤ教の奴隷たちは、彼らが「ヤハウエ」と呼ぶ一つの神を崇拝してきた。

「ヤハウエイ」という名前は「匿名とくめい」という意味である。
なぜならモーゼと協力したIS-BEは実際の名前、または自分の身元を特定する、または記憶喪失/牢獄オペレーションの隠蔽を暴いてしまうようなものは使えなかったからである。
この秘密裏の記憶喪失/催眠術/監獄システム絶対やりたくないことは。地球のIS-BEたちに自分たちを公然と明らかにすることである。
彼らは、それが囚人たちの記憶を回復させてしまうと感じている。

これが、宇宙文明の工作員と人間の間の物理的な遭遇のあらゆる痕跡がとても入念に隠され、隠蔽され、否定するか、誤った方向に向かわされる理由のである。

この「旧帝国」の工作員は砂漠の山の頂上でモーゼと接触し、「十の催眠暗示」を彼に言い渡した。
これらの命令はとても強硬な言葉で表現されており、IS-BEを操作者の意志に対して完全な従属的にさせる。
これらの催眠暗示は未だに効果があり、何千年も何百年というIS-BEたちの思考パターンに影響を与えている。


ついでだが、我々は後に、このいわゆる「ヤハウエイ」は旧約聖書の文章を書き、プログラムし、暗号化したことを突き止めた。
それは文字とおり、または解読された状態で読めば、それを読んだ者たちにさらに大量の偽情報を与える。

最終的にヴェーダの賛美歌集は、殆ど全ての東洋の宗教の源になり、仏陀、老子、ゾロアスターと他の哲学者たちに共通する思想の哲学な源であった。
これらの哲学の啓蒙な影響がやがて「旧帝国」の宗教な残忍な偶像崇拝にとって代わり、優しさと思いやりの真の起源であった。

あなたは以前私に、なぜドメインと他の宇宙文明が地球に着陸したり自分たちの存在を皆に知らせたりしないのか?と聞いた。
地球に着陸?あなたは我々が発狂している、または発狂したいと思っているのだろうか?とても勇敢なIS-BEでなければ大気の中を降下し地球に着陸することはできない。
なぜならこれは監獄惑星であり、完全に野放しの精神病の住民たちがいるからだ。
そしてどのようなIS-BEでも罠にかかる危険性に対して完全な耐性は持っていない。
8200年前にヒマラヤ地方で囚われたドメイン遠征軍のメンバーと同じように。

地球のIS-BEが何をするのかは誰にもわからない。
現時点では、我々はこの地域の周辺の宇宙空間の全てを完全に支配するためにドメインの資源を投資するように予定されてはいない。これほど遠くない未来ードメインの計画によれば約5000地球年ーに起きる。
現時点では、我々は他の惑星系や銀河からの輸送船が記憶喪失バリアの領域の中にIS-BEたちを捨て続けるのは阻止してはいない。
いずれこれは変わる。

さらに地球は本質的に非常に不安定な惑星である。
どのような接続可能な文明にとってそれは定住したり、永続的に居住したりするには適してはいない。
それが牢獄惑星として使われている理由の一部でもある。
様々な単純で説得力のある理由のために他には誰も此処に住むことを本気で検討するものはいない。


1)地球の大陸の睦魂は表面の下にある溶岩の海の上に浮いており、それは陸魂がひび割れ、崩壊し、漂流し続ける原因となっている。

2)コアの液体的な性質のため、この惑星の大部分は火山性でsり、地震と火山爆発の被害にさらされる。

3)このわくせいの磁極は約2万年毎に劇的に移動する。これは津波と気象変動によって、程度の差はあるが、荒廃をもたらす原因となる

4)地球は銀河系の中心と他のあらゆる重要な銀河的文明から遠く離れている。この孤立がそれを銀河系間を移動する間の「補給基地」または出発点としての使用以外には不向きにしている。月と小惑星の方がこの目的にはるかに向いている。なぜならそれらの場所には大きな重力がない。

5)地球はとても重力が重い惑星であり、土壌は重金属であり、大気はとても濃い。これらがそれを航行目的には危険なもにしている。私の宇宙船のテクノロジーと私のパイロットとしての豊富な専門技術にもかかわらず、飛行事故の結果私がこの部屋にいる事実がこれらのことを証明している。

6)ドメインの広大な範囲、または我々が未来に要求するであろう領域は言うまでもなく、天の川銀河の中でも地球のような(太陽系タイプ12クラス7)惑星は約600億個ある。我々の資源は無理に使って、地球に定期的な偵察よりも多くのことをするのは困難である。ここに資源を投資しても目前の利益はないのだから尚更そえである。

7)地球の存在たちのほとんどが自分がIS-BEであると言うことを知覚していないし、どのような種類であってもスピリットが存在するということも知覚していない。他の多くの存在たちはこれを知覚しているが、殆ど全員がIS-BEとしての自分に対する理解が制限されている。

このような状態である理由の一つが、時間の始まりからIS-BEたちはお互いに対して戦争を仕掛けてきたからである。
これらの戦争の目的は常に一人のIS-BE、またはIS-BEのグループが他のIS-BEに対する支配を確立するためのものだった。
IS-BEは「殺される」ことはできないため、目的はIS-BEを捕らえ、動けなくすることだった。
これは殆ど無限の種類の方法でなされてきた。
IS-BEを捕え、動けなくする最も簡単な方法は様々な種類の「トラップ(罠)」の使用を通してである。


IS-BEトラップは64兆年前に「旧帝国」を築き始めた文明のような多くの侵略的な文明によって作成され、設置されてきた。
トラップは頻繁に、攻撃されるIS-BEの「領域」の中で設置される。
大抵の場合トラップにはIS-BEの興味と注意を引くために「美しさ」の電波がセットされる。
IS-BEがこの美の波、たとえば美しい建物、または美しい音楽の源に向かって動くと、そのトラップはIS-BEから放射されるエネルギーによって作動する。


最も一般的なトラップの仕組みはIS-BEがトラップを攻撃したり、それに反撃したりしようとするとき、IS-BE自身の思考のエネルギーの出力を使うものである。
トラップはIS-BE自身の思考エネルギーによって作動し、エネルギーを与えられる。
IS-BEをトラップの中に引き寄せ、トラップの中で「動きがとれない」状態にし続ける。


この物理的な宇宙の歴史の全ての中で、そのような形で宇宙の新しい領域を侵略し、占領するIS-BEの文明によって占領され、植民地化されてきた。
過去においては、この侵略は常に共通した要素を共有してきた。

1)圧倒的な武力の使用。大抵は核、または電子兵器によって。

2)電気ショック、ドラック、催眠術、記憶の消去とその地域のIS-BEの住民を従属させ奴隷にする意図で、偽の記憶、または偽の情報を埋め込むことを通して侵略された領域にいたIS-BEたちへマインドコントロールを施すこと。

3)侵略するIS-BEたちによって自然の資源が詐取される。

4)現地に住民を政治的、経済的、社会的に奴隷にすること。

これらの活動は現時点でも続いている。
地球のIS-BEたちは全員過去にこれらの活動の一つ、または複数に関わってきた。
侵略者、または侵略される住民の一部の両方として。
この宇宙に「聖人」はいない。
IS-BEの間の戦争は避けた、またはそれから免除されら者は非常に少ない。

地球のIS-BEたちは、この瞬間も未だにこの活動で犠牲者である。
転生の間にIS-BEに施させる記憶喪失は、IS-BEが脱出するのを防ぐ巧妙な「旧帝国」のIS-BEトラップ・システムの仕組みの一つである。

この作戦は「旧帝国」の法的に認められていない反乱分子の秘密警察組織によって管理され、自分たちの政府、ドメイン、また自分たちの活動の犠牲者によって発見されるのを防ぐために、活動を偽装するための偽旗作戦を用いている。
それらは政府の精神医学者によって開発されたマインド・コントロールの手法である。

地球は「スラム街」野惑星である。
それは銀河間で起きた「大虐殺」の結果である。
IS-BEたちは以下のどれかの理由で地球行きを宣告された。

1)その者たちはあまりにも凶暴な精神障害者であるか、変質者であるため、ある文明がどれほど堕落して腐敗していようとも、それの一部として機能することができない。

2)または、彼らは、「旧帝国」の中でとても入念に確立された、容赦なく実施されてきた社会的、経済的と政治的なカースト制に対する革命的な脅威だからである、「旧帝国」のカースト制の中では生物的な体は存在の最も低い地位になるよう特定に設計されている。
IS-BEが地球に送られ、その後生物的な体の中で機能するように騙されたり、強要されたりした時、彼らは実際には牢獄の中の牢獄にいる。

3)「旧帝国」からそのyぷな「アンタッチャブル」を永遠に、また元に戻させない形で排除する試みとして、すべてのIS-BEの永遠のアイデンティティ、記憶と能力は強制的に消去される。
この「最終的解決」は「旧帝国」によって管理されている精神病の犯罪者たちが思いつき、実行している。

第二次世界大戦中にドイツによって建設された収容所と「アンタチャブル」たちの大量根絶は最近明らかになった。
同じように地球のIS-BEたちは、虚弱な生物的肉体の中でスピリチュアルな根絶と永遠の奴隷制の犠牲者たちであり、それは「旧帝国」にあった同じような奥棒な憎しみによって引き起こされている。

地球の優しい創造的な囚人たちは、絶え間ない「旧帝国」の看守たちによって操られている殺戮者や狂人たちによって拷問にかけられている。
地球のいわゆる「文明」というものは、役に立たないピラミッドの時代から核兵器による大虐殺の時代に至るまで、天延資源のとてつもない浪費、歪んだ形で知性の使用とこの惑星のあらゆるIS-BEのスピリチュアルな本質を公然と抑圧してきたものである。

もしド目言いが「地獄」を探しに宇宙の隅々まで宇宙船を派遣してたら、その探査は地球で終点を迎えるかもしれない。
自分自身の本質であるスピリチュアルな知覚、自己認識、能力と記憶を消去することより残忍な行為はあるだろうか?

ドメインは未だ遠征軍の大隊の3000人IS-BEたちを救出することができていない。
彼らは地球で生物的な体の中に移住することを強制されている。
過去8000年の中で彼らのほとんどを見分け、追跡することができている。
しかしながら、彼らとコミュニケーションを取るという我々の試みは、大抵の場合無駄である。
なぜなら彼らは自分の本当のアイデンティティを思い出すことができていないからだ。

ドメインの失われたメンバーたちの大半は、インドから中東、そこからカルディアとバビロニア、そこからエジプトとアハイア、ギリシャ、ローマを通り、ヨーロッパ、そこから西半球、そしてそこから全世界へと全体的に進行した西洋文明について行った。

失われた大隊のメンバーたちと地球の他の多くのIS-BEたちは、もしかしたらドメインの貴重な市民かもしれない。
それには凶暴なな犯罪者や変質者は含まれない。
残念ながらIS-BEたちを地球から解放する実行可能な手法は、これまで思いついていない。

そのため、常識的に、またドメインの公式な方針として「旧帝国」のバリアと記憶喪失装置の位置を発見し、それを破壊し、それからIS-BEの記憶を回復させるための治療法を開発するために適切な資源を割り当てることができるまで、地球のIS-BEの住民とは接触を避けた方が安全で賢明である。

左.png右.png

imgres.jpg世界経済の真実を解き明かす映画です。

エイリアンインタビュー.png
捕獲された地球外生命体が語る
地球の真実の歴史

kyodai.png