老子の言葉.png

images-1.jpgimages.png

老子(ろうし)は、中国春秋時代における哲学者である。
諸子百家のうちの道家は彼の思想を基礎とするものであり、また、後に生まれた道教は彼を始祖に置く。「老子」の呼び名は「偉大な人物」を意味する尊称と考えられている。
書物『老子』(またの名を『老子道徳経』)を書いたとされるがその履歴については不明な部分が多く、実在が疑問視されたり、生きた時代について激しい議論が行われたりする[2]。道教のほとんどの宗派にて老子は神格として崇拝され、三清の一人である太上老君の神名を持つ。
史記の記述によると、老子は紀元前6世紀の人物とされる。歴史家の評は様々で、彼は神話上の人物とする意見、複数の歴史上の人物を統合させたという説、在命時期を紀元前4世紀とし戦国時代の諸子百家と時期を同じくするという考えなど多様にある。
老子は中国文化の中心を為す人物のひとりで、貴族から平民まで彼の血筋を主張する者は多く李氏の多くが彼の末裔を称する。歴史上、彼は多くの反権威主義的な業績を残したと受け止められている。

名前 菅野正人(すがの まさと)
仕事 ウエブデザイン
会社 ティアクルーズ
住所 下田市須崎1247-181
電話 0558-36-4880
FAX 0558-36-4878
mail LinkIconinfo@t-crews.com
H P  LinkIconhttp://www.t-crews.com/

経緯 2012.07東京から下田に移住。
趣味 ◇朝と夕の爪木崎までの散歩
   ◇シーカヤックジギング
   ◇写真撮影(仕事用風景画:ビデオ)
   ◇映画鑑賞(邦画:洋画)
   ◇音楽鑑賞(楽曲のみ重視)
   ◇読書:経済:あらゆる分野。
   ◇歴史文化(日本史:世界史:哲学)

imgres.jpg世界経済の真実を解き明かす映画です。